トップメッセージトップメッセージ

「人と企業を信頼で結ぶ」
総合人材サービスとして、
躍進を続けるために。

代表取締役社長木村和成木村和成

「人間力」のある人を採用したい

どんな人に仲間になってもらいたいか?と問われたら、一言で言えば、学歴や経歴よりも「人間力」にこだわりたい。人間的に「面白い」人に、わが社に来てもらいたいと思っている。前向きで、職場を明るくしてくれる人とか、とにかく「こんな人と働きたいな」と思わせるような人間力をもった人。
そして、探求心をもって様々な情報をキャッチしながら自分の意見をもち、それを自分のことばで臆せずきちんと伝えられる人。上司や同僚にも、結果間違っていたとしても構わないから、「こうしたら良くなるのでは」など率直に提案ができる人。そんな人に魅力を感じる。
私自身、フラットな風通しのよい職場づくりを心掛けている。だから責任者クラスの社員たちにも、部下がモノを言いやすい、管理的でなく距離を縮めた関係を作ってほしい、部下と熱量を持ってふれあってほしい、と常々伝えている。

若い人の「チャレンジ」を歓迎したい

我々の事業である人材ビジネスは、人の介在する価値の提供であり、そういった意味でお客様との接点がもっとも大事だと考えている。
そして創業以来、パナソニックグループとの取引・事業を通じて培ってきたノウハウを活かし、もっともっと社会の様々なお客様にお役立ちしていきたい。
当社の若手社員にはポテンシャルの高い人も沢山いるので、どんどんチャンスを与えていくつもりだ。
だから、これから入社される人たちも、主体的にチャレンジしたい人、自分の力を試したい人を歓迎している。

人とのつながりに面白さを感じて、
活き活き働いてもらいたい

今の時代、SNSでのつながりもあるが、人と人とのつながりを大事にする傾向は敢えて強くなってきているように感じている。つながり方は人それぞれ、多様性はあっていいと思う。
私たちの人材ビジネス業界は、人として人とつながりたいという強い思い、そこに面白味を感じられる業界。
さまざまな人の機微を理解しながら、自分の思いと違う相手のお世話をすることに覚悟をもってきてもらえたらと思う。
働き方も人それぞれ。家庭やお子さんを持つ人たちも、限られた時間をどれだけ活かしてアウトプットを出せるかだと思う。せっかく育児と家庭を両立させるなら、活き活き輝きながら働いてほしい。
これからも、わが社は頑張る人に頑張ってもらえる風土・会社にしていきたい。

ページ先頭へ