• 検討リスト

    • 0

職務経歴書の書き方

  • 職務経歴書って何?

    職務経歴書は、今まで自分がどんな仕事をし、どんな成果・実績を上げてきたのかをアピールする書類です。
    書類選考で提出する応募書類(履歴書・職務経歴書・自己PR文書)の中でいちばん重要といえます。
    職務経歴書には決まった書き方はありませんが、大きく分けて「編年式」と「キャリア式」の2とおりがあります。

    編年式

    年月を見出しにして、入社から現在までの業務内容を時間に沿って表す方法です。
    書きやすく、採用担当者にとっても読みやすいというメリットがありますが、アピールポイントを的確にピックアップしないとメリハリのない内容になってしまうので注意しましょう。
    同じ職種・業種に携わってきた方や比較的経験の浅い人におすすめの書式です。

    キャリア式

    仕事別にまとめる方法です。
    経験豊富な人や、技術者関連の仕事のように同時に複数の業務に携わることの多かった人に適しています。ただし、この書式は現在までのキャリアの経緯が分かりにくいので、簡単な編年体式の職務経歴書を付け加えることをおすすめします。

  • 書き方のポイント

    • 読みやすく、簡潔な文章に

      あなたのキャリアをきちんと伝えるために、誰が見ても分かりやすい簡潔な文章作成を心がけましょう。
      また、職務経歴書はビジネス文書なので横書きで、箇条書きが基本です。

    • パソコンで作成し、読みやすく

      職務経歴書は、できるだけパソコンで作成しましょう。
      用紙はA4で1枚にまとめるのがベスト。多くても2~3枚に収めるようにしましょう。
      ※パソコンで作成する場合でも、署名は手書きで。

    • 実績は具体的に

      業務の業種や規模、貢献度、身につけたスキルは、できるだけ詳しく記入し、読む人がイメージしやすいようにしましょう。ただし、機密事項については内容に触れないよう注意して書きましょう。

    • アピール要素をしっかり伝える

      派遣経験後、紹介予定派遣に移行した場合

      通常の一般派遣で携わった仕事の内容や、その仕事から学んだことを簡潔にまとめましょう。また、正社員を希望する理由を明確に書くことも大切です。

      正社員からの転職の場合

      これまでの仕事の内容や実績、役職などを具体的に書きましょう。

      新卒・第二新卒の場合

      希望する仕事で活かせそうな経験や、仕事に対する熱意をアピールしましょう。

      経歴があまりない場合

      応募する仕事と関係のあるアルバイト、パートの経験があれば、アピール要素となるので記入しましょう。

  • 職務経歴書サンプル

    編年式

    年月日、派遣元、派遣先企業、業務内容などを時系列順に書きます。

    1. 右肩に提出または作成した日付氏名
    2. メンバーの人数を記入
    3. 客観的な実績を記入
    4. 社内表彰などがあれば記入

    キャリア式

    編年式とは違い、仕事別に見出しを立てることが特長。
    年月日、派遣元、派遣先企業、業務内容、実績などを時系列順に書きます。

    1. 右肩に提出または作成した日付氏名
    2. 時系列にまとめた形跡所をつけるとわかりやすい
    3. 業務内容は具体的かつ簡潔に
  • ケース別 自己PR

    • 社員を目指すことをアピールする場合
      なぜ社員になりたいか、社員になって何をしたいかを明確に!

      前職では3年間、制作会社でWebデザイナーとして働いていました。IllustratorやPhotoshop、Fireworksなどのソフトは一通り扱うことができます。サイトの構築・運営プロジェクトでデザイナーとディレクター、それぞれの立場を尊重して進めてきました。結果、クライアントからも非常に高い評価をいただいております。
      また、さらにレベルアップを図るべく、昨年「カラーコーディネーター」の資格を取得しました。
      ただ、派遣勤務のため、どうしても業務範囲が限られてしまっていることに、もどかしさを感じることもあります。

      今後はこれまでの経験とスキルを活かし、正社員としてサイトの企画から調整、クライアントへの提案まで一貫して行いたいと考えています。

    • ブランクがある場合
      ブランクの理由と離職の間なにをしていたのかを説明する

      これまで一貫して、ネットワークエンジニアの職に従事しています。

      1社目を退職後、1年間は病気を患っている母親の看護をしていました。
      家族との話し合いで、2011年4月より兄家族と母親が同居することになり、看護の手が離れたことから現在の企業に就職しました。

      以後現在まで2年間、前職同様にネットワークエンジニアとして通信会社で実績をあげてきました。
      今後は、より大きな規模プロジェクトの経験を積んで、ネットワークエンジニアとしての経験の幅を広げていきたいと思います。

    • 未経験の職種にチャレンジする場合
      なぜその仕事をしたいのか、どんなスキルがあるのか?

      産業機械メーカーにて営業を担当し、得意先との仕様打ち合わせから設計部門や製作部門との連携を経て納品までを行ってまいりました。

      設計業務に関しては直接携わることがありませんでしたが、社内での打ち合わせなどで素材や加工技術に関する知識を獲得することができました。

      従来より、設計業務も自らが行いたいという意欲があり、3D-CADのひととおりの操作はスクールで学びました。
      未経験ではありますが、早期に御社の戦力となれるよう今後も設計技術の習得に励み、努力いたします。

    • 第二新卒の場合
  • 職務経歴書PDFサンプル

    Adobe Readerダウンロード

    PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
    Adobe Reader持ちでない方は、ソフトウエアをダウンロードしてご覧ください。

パーソルパナソニックHRパートナーズに登録して、自分に合ったお仕事を探そう!

Webでのお仕事探しなら
サイト会員登録(無料)
正式にお仕事の紹介をうけるなら
派遣登録予約