設計・受託開発

カンパニー長メッセージ

「生涯一エンジニア」として活躍し、輝き続ける

当カンパニーは2005年に設立以来、主にパナソニックブランドの製品開発に携わり、AV機器や家電製品、カーナビなどの車載製品、住宅向け設備に至るまで、様々な商品開発に従事して参りました。

その歴史により、パナソニック製品に精通し、かつ、高度な専門技術を身に付けた正社員エンジニアが数多く在籍しております。

技術領域と致しましては、ソフトウェア、電気・電子、機構という設計、開発の要となる技術にICTを加えた4つの分野に精通し、加えて制御・組込み系のソフトウェア開発においては、請負部門を有し、MBD等の独自技術をお客様にご提供できることを当社の強みとしております。

今後は、多様化するお客様のニーズと加速化するテクノロジーの進化に対応すべく、新たなチャレンジを重ね、最先端の技術領域にも積極的に取り組んで参ります。

そして、常にお客様の期待を超える技術サービスをご提供し続けて参りたいと考えています。

そのためにも、エンジニアの成長創造ひいては「育成」に拘り、「生涯一エンジニア」として活躍し続けることを大切にしていきます。

パーソルグループの設計、開発分野に携わる事業の一翼として、最終的にはお客様と技術の未来をつくることを実現し、広く産業と社会の発展に貢献して参りたいと考えています。

当カンパニーの事業により一層のご支援を賜りますよう、宜しくお願い致します。
カンパニー長
藤崎 貴司

カンパニー情報

エレクトロニクス分野の企業における商品開発に、良質な技術サービスで貢献し続けるエンジニアリングパートナー企業を目指します。

概要

カンパニー名 パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社 エクセルテクノロジーカンパニー
会社概要はこちら
カンパニー長 藤崎 貴司
事業内容
  • 事業
    • ・技術者派遣事業
    • ・請負開発事業
  • 事業分野
    • 電化製品、自動車、住宅・ビル関連機器、業務用機器、産業用機器、ICT関連システム 等
  • 技術分野
    • ソフトウェア設計、電気・電子回路設計、機構設計、ICT関連技術、評価・検証・解析、デザイン制作
主要取引先
  • パナソニック株式会社
    • ・アプライアンス社
    • ・エコソリューションズ社
    • ・コネクティッドソリューションズ社
    • ・オートモーティブ &インダストリアルシステムズ社
    • ・その他パナソニック株式会社開発部内
  • パナソニック アドバンストテクノロジー株式会社
  • パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
  • パナソニック エコシステムズ株式会社
  • パナソニック サイクルテック株式会社
  • パナソニック デバイスシステムテクノ株式会社
  • パナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社 他
  • アマノ株式会社/アンリツエンジニアリング株式会社/オムロン株式会社/川崎重工業株式会社/株式会社島津製作所/新電元工業株式会社/ 株式会社SUBARU/日産自動車株式会社/日野自動車株式会社/株式会社村田製作所 他(50音順)

事業部

各分野の専門技術者により、多彩な事業部を編成。お客さまの幅広い開発ニーズにお応えします。

パーソル パナソニック HRパートナーズの事業ドメイン
パーソル パナソニック HRパートナーズの事業ドメイン

沿革

1991年10月1日 株式会社エクセルテクノ設立 (松下電器産業株式会社100%出資)
2002年10月1日 松下ソリューションテクノロジー株式会社に統合
2005年3月1日 松下エクセルテクノロジー株式会社設立 (松下エクセルスタッフ株式会社100%出資)
2006年5月1日 特定労働者派遣事業届出
2006年3月1日 横浜事務所を開設
2008年10月1日 パナソニック エクセルテクノロジー株式会社に社名変更
2012年4月1日 新宿事務所を開設
2013年12月1日 新宿事務所を新横浜に移転し、首都圏事務所へ名称変更
2014年3月27日 ISMS認証取得(認証範囲:大阪事務所、横浜事務所、首都圏事務所)
2016年4月1日 労働者派遣事業許可取得、有料職業紹介事業許可取得
中部事務所、滋賀事務所を開設 営業開始
2017年9月1日 福岡事務所を開設 営業開始
2018年4月1日 親会社パナソニック エクセルスタッフ株式会社と合併
パーソル パナソニック HR パートナーズ株式会社に商号変更
社内組織エクセルテクノロジーカンパニーを発足し事業継承

技術人材育成についての取り組み

エンジニアが着実に成長できる環境を整え、専門技術とヒューマンスキルの研鑽に努めています。

研修制度

当社による職能別・キャリア別の充実した研修制度によって、エンジニアの着実なキャリアアップを支えています。

  • 定期採用者研修
    • 入社後、社会人としての基本と基礎技術の習得を目的に研修施設で3カ月の導入研修を含む技術研修を行っています。技術研修終了後、業務スキル向上を目的にOJT研修を行っています。
  • 各種技術研修
    • それぞれのキャリアに応じて、エンジニアの着実なキャリアアップを支援します。
    • (研修例)
    • ・職能別社内技術研修
    • ・職能共通技術者研修
    • ・パナソニックグループ研修カリキュラム活用
    • ・外部機関研修
    • ・通信教育
    • ・e-ラーニング
  • 階層別研修
    • 各階層に必要な役割、能力、行動の習得を目的とした研修を行います。
    • ・新任リーダー研修
    • ・昇格候補者研修
    • ・キャリア入社者向け研修

技術資格取得支援制度

個人のスキルアップのひとつとして、資格取得を推奨しています。資格取得に向けた勉強会開催や実技試験の技術指導などを行っています。資格取得の成果を称え、報奨金や受験料を支給する資格取得報奨制度も整備しています。

目標管理

キャリアアップサイクル

社員一人ひとりの1年間のスキルアップ目標に対し、 PDCA(Plan[計画]→Do[実行]→Check[評価]→Act[改善])サイクルを実行し、 一連の流れを毎年繰り返すことで、スキルのスパイラルアップ(螺旋階段状の成長)を実現します。 PDCAの各ステップにおいて、責任者が個別面談を通して、指導、助言を行い目標達成を支援します。

職能別ワーキンググループ活動

ソフトウェア職能WG/電機職能WG/機構職能WG

各分野の専門技術者たちが自主的に集まり、専門性をさらに磨くための勉強会や、 経験豊富な技術者が若手社員に技術を継承する研修会などの職能別ワーキンググループ活動を実施しています。

  • はたらいて、笑おう。